第2部 経済社会を支える中小企業 

第2部 経済社会を支える中小企業

 中小企業は、経済を牽引する力であり、社会の主役である。中小企業は、これまでも我が国の経済成長を担い、私たちの生活を豊かにし、日本の経済社会とともに発展してきた。2010年6月18日に閣議決定された「中小企業憲章」でも、中小企業の意義、役割の重要性がうたわれている。第1部第2章でも見たように、東日本大震災でも、中小企業は、我が国の産業のサプライチェーンを担い、地域住民の生活を支えるなど、中小企業の重要性が改めて認識されることとなった。第2部では、中小企業が、我が国の産業、生活の基盤をどのように支えているのか、急速な景気低迷や深刻化する構造的課題にどのように対応しているのかを示し、我が国の経済社会における中小企業の重要性について分析を行っていく。



前の項目に戻る     次の項目に進む