第1部 最近の中小企業の動向 

第1節 津波の影響

 今回の震災では、地震発生後に大津波が発生し、東北地方の太平洋沿岸部を中心に、工場、店舗、港湾等の産業基盤や地域コミュニティの基本的機能が壊滅的な被害を受け、中小企業も甚大な被害を受けることとなった。
 以下では、津波被災地域の特徴、津波の中小企業への影響について分析を行う。


●津波被災地域の特徴
 第1-2-3図は、青森県、岩手県、宮城県、福島県の都市雇用圏12を示したものであるが、津波被災地域には、宮古、釜石、気仙沼、南相馬等の6〜8万人規模の小規模な都市雇用圏が点在しており、生活面、経済面双方から見て、大きな都市圏に組み込まれていない地域であることが見て取れる。

12 おおむね〔1〕人口集中地区の人口が1万人以上で、〔2〕周辺市町村から中心市町村への通勤率(通勤者数/ 就業者数)が10%以上の圏域であり、単一の市町村を越えて形成される通勤圏を表し、このような都市雇用圏は我が国全体で251ある。付注1-2-1参照。
 
第1-2-3図 青森県、岩手県、宮城県、福島県における都市雇用圏(2005年)
〜津波被災地域には、生活面、経済面双方から見て小規模な都市雇用圏が点在している〜


第1-2-3図 青森県、岩手県、宮城県、福島県における都市雇用圏(2005年)


 第1-2-1図〔1〕で見たとおり、津波被災地域には、約8万社の企業が存在するが、企業及び就業者の業種別割合には、どのような特徴があるのであろうか。第1-2-4図により、津波被災地域と全国を比較すると、企業数では、製造業の割合が低く、建設業、卸売業,小売業、生活関連サービス業,娯楽業の割合が高い一方、就業者数では、漁業、建設業、卸売・小売業の割合が高くなっている。
 
第1-2-4図 津波被災地域における企業及び就業者の業種別割合
〜津波被災地域では、全国と比較して、企業数では、製造業の割合が低く、建設業、卸売業,小売業、生活関連サービス業,娯楽業の割合が高い傾向にある。また、全国と比較して、漁業、建設業、卸売・小売業に就業する者の割合が高い傾向にある〜


第1-2-4図 津波被災地域における企業及び就業者の業種別割合
Excel形式のファイルはこちら


●津波の中小企業への影響
 津波被災地域の被害は甚大であり、工場、店舗、港湾等の産業基盤や地域コミュニティの基本的機能が壊滅的な被害を受けた。こうした中で、多くの中小企業が、資金面等の課題に直面し、転廃業できなければ、新たな環境で生活していけないといった声も聞かれた。
 
第1-2-5図 津波の中小企業への影響
〜津波により、工場、店舗、港湾等の産業基盤や地域のコミュニティの基本的機能が壊滅的な被害を受けた〜


第1-2-5図 津波の中小企業への影響


 2011年5月13日時点で、青森県、岩手県、宮城県、福島県の商工会が把握している会員企業13,708社(会員企業67,156社の約20%)の被災状況によると、沿岸部の商工会では、被災状況が把握できた会員企業6,142社のうち、建屋・家屋の全壊が約54%(3,344社)、半壊が約13%(783社)、一部損壊が約29%(1,763社)に対し、内陸部の商工会では、被災状況が把握できた会員企業7,566社のうち、建屋・家屋の全壊が約3%(191社)、半壊が約3%(205社)、一部損壊が約83%(6,256社)と、津波の影響を受けた沿岸部の商工会の会員企業でより大きな被害が発生した13(第1-2-6図)。

13 福島県沿岸部からは、原子力発電所事故の影響により、ほとんど回答が得られていない。
 
第1-2-6図 青森県、岩手県、宮城県、福島県の商工会が把握している会員企業の被災状況
〜津波の影響を受けた沿岸部の商工会の会員企業で甚大な被害が発生した〜


第1-2-6図 青森県、岩手県、宮城県、福島県の商工会が把握している会員企業の被災状況


 次に、津波被災地域の主要産業の一つである漁業及び漁業から派生する食品加工業の被害状況を見ると、漁港施設、漁船、水産加工施設のいずれも大きな被害を受けており、特に岩手県、宮城県、福島県では、壊滅的な被害が発生した(第1-2-7図)。
 
第1-2-7図 青森県、岩手県、宮城県、福島県の水産関連施設の被害状況
〜今回の津波は、太平洋側の水産関連施設に被害をもたらし、岩手県、宮城県、福島県では、壊滅的な被害が発生した〜


第1-2-7図 青森県、岩手県、宮城県、福島県の水産関連施設の被害状況


 これまで見てきたように、津波は、小規模な都市雇用圏が点在する沿岸部に、産業や生活の基盤が失われるほどの壊滅的な被害を及ぼし、漁業及び漁業から派生する食品加工業等の主要産業も大きな影響を受けたことを示してきた。続く第2節では、地震の影響について見ていく。



前の項目に戻る     次の項目に進む