第1部 最近の中小企業の動向 

第1部 最近の中小企業の動向

 2010年度は、景気が持ち直していたが、2011年3月11日に2011年(平成23年)東北地方太平洋沖地震が発生し、未曾有の被害がもたらされ、その影響は、津波被害や原子力発電所の事故等の様々な被害とあいまって、広範囲にわたり、被災地域の住民及び企業のみならず、我が国経済全体にも波及することとなった。
 第1章では、我が国経済は、東日本大震災が発生するまで、景気後退から持ち直しの動きに向かっていたが、震災の影響により弱い動きとなっていること、先行きについても、震災の影響に加え、円高の進行や原油価格・食料価格の高騰等の様々なリスクが存在していることを示す。
 第2章では、震災が我が国の中小企業に与えた影響について詳しく見ていくこととする。



前の項目に戻る     次の項目に進む