第4節 人材の意欲と能力の向上 

第4節 人材の意欲と能力の向上

 前節では、中小企業における賃金の水準や年功序列などの賃金体系に関し、その実態について見てきた。賃金は、中小企業の従業員にとって生活の糧であり、働く意欲を引き出す重要なものであるが、従業員の働く意欲を引き出すものは賃金だけではない。仕事をやり遂げた達成感や充実感も働く人の意欲の源泉として重要であろう。こうした仕事のやりがいについて、中小企業で働く人材は実際、どのように感じているのであろうか。中小企業の経営者の視点からは、従業員の仕事への意欲を引き出す観点から、仕事のやりがいをどのように高めるかが重要な経営課題であろう。本節では、こうした仕事のやりがいの現状を見た後、中小企業で働く人材の意欲と能力を向上させていくためには、どのような取組が必要かについて見ていくこととしたい。

 第3章 中小企業の雇用動向と人材の確保・育成

前の項目に戻る     次の項目に進む