参考文献 

参考文献

飯盛信男[2001]『経済再生とサービス産業』、九州大学出版会
岩井克人[2003]『会社はこれからどうなるのか』、平凡社
岡室博之、小林伸生[2005]『地域データによる開業率の決定要因分析』、
  RIERIDiscussionPaperSeries05-J-014 
小川雅人、毒島龍一、福田敦[2004]『現代の商店街活性化戦略』、創風社
小野有人[2007]『新時代の中小企業金融』、東洋経済新報社
金融庁[2005]『地域密着型金融の機能強化の推進に関するアクションプログラム(平成17年〜18年度)』、
金融庁[2007]『地域密着型金融(平成15年〜18年度第2次アクションプログラム終了時まで)の進捗状況について』、
金融庁[2007]『中小・地域金融機関に対する利用者等の評価に関するアンケート調査』、
金榮愨、権赫旭、深尾京司[2007]『企業・事業所の参入・退出と産業レベルの生産性』、
  RIETI Discussion Paper Series 07-J-022 
経済産業省編[2007]『サービス産業におけるイノベーションと生産性向上に向けて』、財団法人経済産業調査会
経済産業省経済産業政策局企業行動課[2007]『コーポレートガバナンスと内部統制〜信頼される経営のために〜』、経済産業調査会
経済産業省編[2006]『通商白書2006』、ぎょうせい
経済産業省編[2007]『通商白書2007』、時事画報社
小林伸生[2003]『地域における開業率規定要因に関する一考察』、関西学院大学経済学部研究会
権赫旭、深尾京司[2006]『失われた10年にTFP上昇はなぜ停滞したか:製造業データによる実証分析』、
  Hi-Stat Discussion Paper Series No.168
斎藤重雄[2005]『現代サービス経済論の展開』、創風社
斎藤槙[2004]『社会起業家』、岩波書店
島田晴雄、(株)NTTデータ経営研究所[2006]『成功する!「地方発ビジネス」の進め方』、かんき出版
商工組合中央金庫 調査部[2006]『中小企業の企業価値と組織戦略に関する調査』、
  http://www.shokochukin.go.jp/material/special_back.html
篠崎彰彦[2005]『企業の組織的・人的業務見直しが情報化の効果に及ぼす影響-企業規模別・地域別・業種別多重比較-』、ESRI Discussion Paper Series No.127
篠崎彰彦[2006]『企業改革と情報化の効果に関する実証研究-全国9500社に対するアンケート結果に基づくロジット・モデル分析-』、ESRI Discussion Paper Series No.164
(社)情報サービス産業協会[2007]『情報サービス産業白書』、日経BP社
(財)社会経済生産性本部編[2007]『生産性年次報告書2007年版』、社会経済生産性本部
(株)セントラル総合研究所編、八木宏之著[2007]『事業と従業員を守る経営の再生〜全国・中小企業再生支援協議会活用の手引〜』、時事通信出版局
全国商店街振興組合連合会[2002]『商店街と地域活動の連携にかかるケーススタディとそのあり方に関する調査研究事業 報告書』(中小企業庁委託調査事業)
総務省編[2007]『情報通信白書 平成19年版』、ぎょうせい
高木新二郎[2006]『事業再生-会社が破綻する前に-』、岩波書店
田中道雄[2006]『まちづくりの構造 商業からの視角』、中央経済社
多胡秀人、長濱裕士[2005]『地域金融機関はなぜ強くなれないか』、中央経済社
(財)中小企業総合研究機構[2006]『わが国における開業率の要因分析に関する調査研究』、
(財)地域活性化センター[2006]『中心市街地活性化への取組み 〜外部機関との連携による商店街活性化〜 調査研究報告書』、
(社)中小企業研究センター[2004]『商店街活性化戦略と外部資源活用』、
(社)中小企業研究センター[2005]『「コミュニティビジネス」のひらく可能性』、
(社)中小企業研究センター[2006]『中小企業の産学連携とその課題』、
中小企業庁[1998]『中小企業白書』、大蔵省印刷局(現 国立印刷局)
中小企業庁[1999]『中小企業白書』、大蔵省印刷局(現 国立印刷局)
中小企業庁[2001]『中小企業白書』、ぎょうせい
中小企業庁[2002]『中小企業白書』、ぎょうせい
中小企業庁[2003]『中小企業白書』、ぎょうせい
中小企業庁[2004]『中小企業白書』、ぎょうせい
中小企業庁[2005]『中小企業白書』、ぎょうせい
中小企業庁[2006]『中小企業白書』、ぎょうせい
中小企業庁[2007]『中小企業白書』、ぎょうせい
中山健[2001]『中小企業のネットワーク戦略』、同友館
中島隆信[2001]『日本経済の生産性分析』、日本経済新聞社
内閣府[2007]『世界経済の潮流 2007年秋』、http://www5.cao.go.jp/j-j/sekai_chouryuu/sa07-02/index.html
内閣府編[2007]『経済財政白書 平成19年版』、時事画報社
日本銀行 国際局[2007]『2006年の国際収支(速報)動向』、http://www.boj.or.jp/theme/research/ron/research/teirei/bop/index.htm
日本銀行 国際収支統計研究会[2000]『入門 国際収支-統計の見方・使い方と実践的活用法』、
東洋経済新報社
西村清彦、中島隆信、清田耕造[2003]『失われた1990年代、日本産業に何が起こったのか?-企業の参入退出と全要素生産性-』、RIETI Discussion Paper Series 03-J-002
西村清彦、峰滝和典[2004]『情報技術革新と日本経済』、有斐閣
羽田昇史、中西泰夫[2005]『サービス経済と産業組織』、同文舘出版
平野雅章[2007]『IT投資で伸びる会社、沈む会社』、日本経済新聞出版社
福井幸男編著[2006]『新時代のコミュニティ・ビジネス』、御茶の水書房
藤本隆宏、東京大学21世紀COEものづくり経営研究センター[2007]『ものづくり経営学 製造業を超える生産思想』、光文社
細内信孝[1999]『コミュニティ・ビジネス』、中央大学出版会
細内信孝編著[2001]『地域を元気にするコミュニティ・ビジネス -人間性の回復と自立型の地域社会づくり』、ぎょうせい
松尾順介[2006]『地域再生ファンドと地方金融機関の関係について』、RIETI Discussion Paper Series 06-J-045
松浦寿幸、清田耕造[2004]『『企業活動基本調査』パネル・データの作成・利用について:経済分析への応用とデータ整備の課題』、RIETI Policy Discussion Paper Series 04-P-004
牧野二郎[2006]『新会社法の核心 日本型「内部統制」問題』、岩波書店
みずほ総合研究所(株)[2006]『日本経済の明日を読む2007』、東洋経済新報社
みずほ総合研究所(株)[2007]『日本経済の明日を読む2008』、東洋経済新報社
南方建明、酒井理[2006]『サービス産業の構造とマーケティング』、中央経済社
宮沢健一[2002]『産業連関分析入門』、日本経済新聞社
宮川努[2006]『生産性の経済学-我々の理解はどこまで進んだか-』、日本銀行ワーキングペーパーシリーズNo.06-J-06
元橋一之[2005]『ITイノベーションの実証分析-日本経済のパフォーマンスはどう変化したか』、東洋経済新報社
森川正之[2007]『生産性が高いのはどのような企業か?-企業特性とTFP-』、
RIETI Discussion Paper Series 07-J-049
森川正之[2007]『サービス産業の生産性は低いのか?-企業データによる生産性の分布・動態の分析-』、RIETI Discussion Paper Series 07-J-048
山口義行[2007]『現場に「解」あり!-中小企業の“連携”が未来を開く』、中央公論社 
山田秀[2006]『TQM品質管理入門』、日本経済新聞社
山本和彦、中西正、笠井正俊、沖野眞已、水元宏典[2006]『倒産法概説』、弘文堂
山本昭二[2007]『サービス・マーケティング入門』、日本経済新聞出版社
D.J.ストーリー(忽那憲治、安田武彦、高橋徳行訳)[2004]『アントレプレナーシップ入門』、有斐閣

 参考文献

前の項目に戻る     次の項目に進む