付注 

付注3-3-14 大学における地域活性化・まちづくりに向けた取組

 本章第1節では、産学連携について主に工業技術関連分野から取り上げたが、まちづくりの分野においても、地域における重要な担い手として大学への期待が高まっている1
 そこで、(株)三菱総合研究所が実施した「大学における地域活性化・まちづくりに向けた取組に関するアンケート調査」2をもとに、大学のまちづくりへの取組の現状と課題について概観する。
 まず、地域活性化・まちづくりに関する取組分野を見てみると、産業振興、観光振興が多く、次いで都市計画、文化振興が多く、その内容としては受託研究・調査、構想・計画の策定、技術指導・助言等が上位に挙がっている(付注3-3-14〔1〕、〔2〕図)。
 次に連携や協働している相手を見てみると、市町村、都道府県の他、商工会・商工会議所や業界団体・組合が多いが、商店街も連携相手としては、上位に挙がっている。特に商工会・商工会議所については、仲介者としても市町村と並んでおり、大学側からみた地域における重要な連携チャネルの1つとなっていることがうかがえる(付注3-3-14〔3〕、〔4〕図)。
 こうした地域活性化・まちづくりへの取組の目的を見てみると、研究活動や学内人材の育成といった大学へのメリットではなく、社会貢献が強く意識されていることがうかがえる。こうした地域活性化・まちづくりへの取組について約6割の大学が「概ねうまくいっている」と評価しているが、取り組む目的と比較すると、地域貢献や学内人材の育成といった内容で評価が低くなっている(付注3-3-14〔5〕図)。大学側から見れば、取組自体は進んできていることを実感しているようだが、必ずしも具体的な成果として手応えを感じるには至っていない可能性がある。今後は、量とともに質にも期待がかかる。
 今後のまちづくりへの取組意向は高く、取組内容としては現状と比べると共同研究開発や人材教育への意向が高くなっていることが分かる(付注3-3-14〔6〕図)。また今後、まちづくりへの取組を拡大していくための体制・仕組みづくりとしては、総括窓口の設置やスタッフの拡充などの体制強化を挙げる大学が多い(付注3-3-14〔7〕図)。既に、工業技術系分野ではTLOが総括窓口としての役割が定着してきているものの、地域活性化・まちづくり分野においては、窓口がないケースや個別研究室が窓口となっているケースも多いのが現状である(付注3-3-14〔8〕図)。
 他方、地域側としてもこうした大学側の体制強化を受けて、市町村、商工会・商工会議所等のチャネルを活かして地域活性化・まちづくりに向けた連携を充実させていくことが期待される。

1 都市再生本部の第10次都市再生プロジェクト「大学と地域の連携協働による都市再生の推進」では、多面的な存在価値(〔1〕教育・研究の場、〔2〕多くの若者を含む教員・学生の存在、〔3〕団塊の世代をはじめとする社会人教育の実施、〔4〕多様な国々からの研究者・留学生の存在、〔5〕キャンパスなどの施設空間の存在)を持つ大学をまちづくりの重要なパートナーと位置づけ、商店街活性化のための活動、広範な社会人教育の可能性、まちと調和したキャンパス形成、NPOや行政と連携したまちづくりなどへの期待が示されている。
2 2007年12月、中心市街地活性化協議会に委員等で参画している61大学67機関を対象に実施したアンケート調査。回収率28.4%。

 
付注3-3-14〔1〕図 地域活性化・まちづくりへの取組分野
〜産業振興、観光振興が中心である〜
付注3-3-14〔1〕図 地域活性化・まちづくりへの取組分野
Excel形式のファイルはこちら
 
付注3-3-14〔2〕図 地域活性化・まちづくりへの取組内容
〜受託研究・調査、構想・計画策定支援が主な内容となっている〜
付注3-3-14〔2〕図 地域活性化・まちづくりへの取組内容
Excel形式のファイルはこちら
 
付注3-3-14〔3〕図 地域活性化・まちづくりに取り組む際の連携・協働相手
〜自治体や商工会・商工会議所、業界団体に次いで、商店街も連携相手としては上位に位置する〜
付注3-3-14〔3〕図 地域活性化・まちづくりに取り組む際の連携・協働相手
Excel形式のファイルはこちら
 
付注3-3-14〔4〕図 地域活性化・まちづくりで連携、協働する際の仲介者
〜市町村と並び商工会・商工会議所も大学側から見た場合、地域における重要なチャネルである〜
付注3-3-14〔4〕図 地域活性化・まちづくりで連携、協働する際の仲介者
Excel形式のファイルはこちら
 
付注3-3-14〔5〕図 地域活性化・まちづくりに取り組む目的と評価
〜地域活性化・まちづくりに取り組む目的は、研究活動や人材育成といった大学にメリットのある分野より、社会貢献が強く意識されている。目的に対する評価を見てみると、地域振興や学内人材の育成での評価が低くなっている〜
付注3-3-14〔5〕図 地域活性化・まちづくりに取り組む目的と評価
Excel形式のファイルはこちら
 
付注3-3-14〔6〕図 今後地域活性化・まちづくりに取り組みたい内容
〜現状に比べ、共同研究開発や人材教育への意向が高い〜
付注3-3-14〔6〕図 今後地域活性化・まちづくりに取り組みたい内容
Excel形式のファイルはこちら
 
付注3-3-14〔7〕図 今後地域活性化・まちづくりへの取組を拡大していくために必要なこと
〜総括窓口の設置やスタッフの拡充といった体制の強化を挙げる大学が多い〜
付注3-3-14〔7〕図 今後地域活性化・まちづくりへの取組を拡大していくために必要なこと
Excel形式のファイルはこちら
 
付注3-3-14〔8〕図 現在の地域活性化・まちづくりに向けた取組の窓口
〜個別研究室や窓口がないケースが多い〜
付注3-3-14〔8〕図 現在の地域活性化・まちづくりに向けた取組の窓口
Excel形式のファイルはこちら

 第3部 地域経済と中小企業の活性化

前の項目に戻る     次の項目に進む