第3部 地域経済と中小企業の活性化 

第1章 地域を支える中小企業の事業再生と小規模企業の活性化

 第1部では、中小企業の景気動向を分析する中で、地域間で景況のばらつきが生じていることを指摘した。本章では、こうした地域ごとの景況について、中小企業の業況感、倒産件数、開業率・廃業率の動向に着目してより詳しく見ていく。
 そして、景況にばらつきのある地域経済をどのように活性化していくかという観点から2つの重要なテーマを採り上げる。第一のテーマは中小企業の事業再生である。経済環境の変化に直面して厳しい状況にある中小企業について事業再生を図るための努力がなされているが、その現状と課題を分析する。第二のテーマは小規模企業の活性化である。小規模企業は我が国企業数の87%を占め、地域の経済や社会にとって重要な存在であるが、その経営実態は極めて多種多様であることから、その実像に迫るべく、小規模企業はどのような理念や目標を持って経営をしているのか、どのように経営課題に対応しているのか等の分析を行う。

 第1章 地域を支える中小企業の事業再生と小規模企業の活性化

前の項目に戻る     次の項目に進む