第1部 平成25年度(2013年度)の中小企業・小規模事業者の動向 

2. 中小製造業の販売価格及び仕入価格動向

●上昇が続く中小製造業の仕入価格

では、こうした物価動向の中で、中小製造業の置かれた状況はどのようなものであったか見ていこう18。第1-1-37図は、1975年以降の中小製造業の販売価格上昇率と仕入価格上昇率の推移を見たものである。これを見ると、70年代半ば以降の中小製造業では、仕入価格の上昇に追随する形で、販売価格を上昇させていたことが分かる。しかしながら、2000年以降は、販売価格が仕入価格の上昇に追いつけない状況となっている。その格差は、リーマン・ショック直前の2008年第3四半期にピークに達している。2009年に入ると、仕入価格、販売価格ともに下落に転じたが、2010年に入ると、仕入価格は再び上昇に転じた。一方で、販売価格は2010年を通じ下落を続けた。2011年以降も、中小製造業の販売価格は低迷を続け、足下の2013年第4四半期では、仕入価格が前期比1.9%上昇したのに対し、販売価格はわずか同0.4%しか上昇していない。

18 以下では、日銀の企業物価指数(工業製品、原材料、中間財)と、日銀短観の販売価格DI及び仕入価格DIを用いて、企業規模別の販売価格上昇率と仕入価格上昇率を推計している。推計の詳細は、付注1-1-1を参照。なお、ここでの推計は、一定の仮定に基づくものであり、その結果については、幅をもって見る必要がある。

第1-1-37図 販売価格上昇率と仕入価格上昇率(中小製造業)
Excel形式のファイルはこちら

●大企業製造業の仕入価格上昇率は中小製造業を大きく下回る

他方、大企業製造業の状況を見ると(第1-1-38図)、中小製造業と同様、2000年頃を境に、それまで仕入価格の上昇に追随していた販売価格が、仕入価格の上昇に追随できなくなっていることが分かる。2010年に入ると、大企業製造業の仕入価格も上昇に転じたが、その伸び率は中小製造業を下回っていることが分かる。他方、販売価格は、中小製造業と同様に低迷を続けている。足下の2013年第4四半期を見ると、販売価格の上昇率は前期比0.4%と中小製造業とほぼ同等である一方、仕入価格の上昇率は同1.0%と中小製造業を大きく下回っている。

第1-1-38図 販売価格上昇率と仕入価格上昇率(大企業製造業)
Excel形式のファイルはこちら

以上から、大企業製造業を上回る仕入価格の上昇に直面している中小製造業が、そのコスト増加分のかなりの部分を販売価格に転嫁できずにいる状況が見て取れる。

前の項目に戻る     次の項目に進む