第2部 自己変革を遂げて躍動する中小企業・小規模事業者 

第4節 更なるITの導入・活用のために

前節までは、ITの導入・活用の状況を見てきたが、本節では、更なるITの導入・活用のために、必要とされる対応を検討する。

1 ITの導入・活用の課題

始めに、ITの導入・活用における課題を規模別に見ると、小規模事業者、中規模企業共に、「IT関連のコストの負担が大きい」と回答する割合が最も高くなっている(第2-4-16図)。次いで、「IT人材13が不足している」と回答する割合が高く、その次に回答の割合が高い課題は、小規模事業者では、「経営者のITの活用能力が不足している」、中規模企業では、「従業員のITの活用能力が不足している」である。共に、ITの活用能力が不足していることを課題としているが、小規模事業者では経営者の活用能力を課題とする事業者がより多く、中規模企業では従業員の活用能力を課題とする企業がより多いことが分かる。

13 ここでいうIT人材とは、ITの導入・活用を企画、推進、運用する人材をいう。
第2-4-16図 規模別のIT の導入・活用における課題(複数回答)
Excel形式のファイルはこちら
前の項目に戻る     次の項目に進む