トップページ 審議会・研究会 審議会(平成25年6月30日以前分) 中小企業政策審議会中小企業経営支援分科会経営支援部会 経営支援部会(第3回) 議事要旨

経営支援部会(第3回) 議事要旨


1.日  時: 日時:平成16年10月19日(火)14:00〜16:00
2.場  所: 経済産業省本館17階 第1〜3共用会議室
3.出席委員: 小川部会長、石岡委員、井上委員、上野委員、江崎委員、江守委員、沖委員、鈴木委員、須田委員、寺嶋委員、冨永委員、中村委員、南条委員、野々内委員、松田委員、水口委員、望月委員、山口委員、山田(伸)委員、(代理出席)橋本委員、樋口委員
 省内出席者: 望月長官、西村次長、鈴木事業環境部長、野口経営支援部長、山本企画課長、橘高金融課長、数井経営支援課長、北川創業連携課長、後藤技術課長、塚本立地環境整備課長
4.配布資料: ・議事次第
・経営支援部会名簿
・新連に見られる共通的特徴と現存する新連携事例の実例紹介
・「新連携」への取り組み(商工中金)
・新連携支援に向けた中小公庫の機能
・新法制定に向けての主な論点
・今後のスケジュール
5.議事要旨:
 

○北川創業連携推進課長より「新連に見られる共通的特徴と現存する新連携事例の実例紹介」について説明。

○江崎委員(商工組合中央金庫理事長)より「『新連携』への取り組み」についてプレゼンテーション

○水口委員(中小企業金融公庫総裁)より「新連携支援に向けた中小公庫の機能」についてプレゼンテーション

○山本企画課長より「新法制定に向けての主な論点」について説明。

○各委員の発言の概要については以下のとおり。

(金融支援について)
・ 金融支援は事業が軌道に乗ってからではなく、これからという段階でこそ積極的に行われるべきである。
・ 連携体に融資をする場合は、計画の将来性と確実性で判断していきたい。法認定前でも企業に資金需要があれば融資をしていきたい。
・ 連携体を評価する場合には、担保の有無ではなく、事業の収益性で判断するべきである。
・ 中小企業が中心となって大企業や研究機関などと連携していくためには、大型投資が必要となる場合があるので中小企業の融資枠を拡大するべきである。
・ 地域の金融機関を早い段階から支援体制に取り込んでいくべきである。

(支援対象について)
・ 国内需要だけでは限界があるため、中小企業の海外展開を支援するスキームが重要であり、海外での支援拠点など整備できないか。
・ 中小企業の知的財産権の取得等を支援することが必要である。
・ 中小企業の技術力を高める支援をすべき。
・ 人づくりや少子高齢化に向けた新しい役務を産み出す取り組みを対象にしていくことが重要である。

(支援全般について)
・ 新連携には連携の形成過程から形成後まで様々な段階があり、それぞれ適した支援策が異なるのではないか。形成期は補助金、形成後は政策金融がよいと思うが、その途中段階で情報提供などのソフト面の支援が活用できるので支援機関同士も連携をしていくべき。
・ 新連携は、研究開発、商品開発、事業化、事業規模拡大の4段階に分けられると思うが、どこまで支援していくのか、各段階におけるそれぞれ官・官民連携・民間の支援の役割を明らかにすべきである。
・ なるべく補助金を減らし、財投融資を増やし、さらに金銭面よりもソフト面での支援をしていくべき。
・ サービスやものづくりなど事業内容によっても必要とする支援策が異なると思うので、それぞれ支援策を練ること。
・ 組合でも成功している組織には、必ず強力なリーダシップをもつ企業が中心にある。一方で失敗している組合にも同様の傾向が見られる。つまり、コア企業が強大化して下請けの二重構造になると連携が失敗するので、その点は気をつけていく必要がある。
・ 新連携対策費をもっと手当するべきだ。
・ 「新連携」という名前では内容がわかりにくい。
・ 連携活動の広がりを産み出すには、NPOなど地域の活動を巻き込んでいくことが重要だ。
・ 新法において、やる気のある企業を支援するという理念を再度打ち出すべきである。
・ 他省庁との連携を徹底すること。