トップページ公募・公開情報補助金等公募案内

 「新現役チャレンジ支援事業」モデル事業の公募開始のお知らせ

平成20年5月
中小企業庁経営支援課
中小企業基盤整備機構

 今般、「新現役チャレンジ支援事業」のモデル事業等につきまして、本事業の全国事務局である中小企業基盤整備機構において公募を開始いたしましたのでお知らせします。
  今回公募するモデル事業の概要は以下のとおりです。

  1. モデル事業について
    (1)「潮流2 大都市から地方へ(大都市在住の新現役と地方の中小企業とのマッチング)」
     ある程度の「地方在住」や「2拠点居住」等によって大都市の新現役が地方で中小企業や地域のために活動することを想定しています。(特に地方回帰等の自治体の施策と連動されることを期待しています。)
     1件あたり500万円〜3,000万円、10事業程度

    (2)「潮流3 海外から国内へ(高度人材が国内でその技術・ノウハウを生かせる基盤づくり)」
     原則として「特定ものづくり基盤技術20」等に関係する業界で新現役の高度人材が国内で環流し、活躍できる基盤づくりを目指すものを想定しています。(業界団体ベースの取り組みを期待しています。)
     1件あたり500万円〜3,000万円、10事業程度

  2. その他本事業を効果的ならしめるための取り組み
    上記モデル事業とは別に、本事業が効果的に実施されるような特徴ある新たな取り組みを5事業程度公募します。(単に、地域事務局が行う基本的な業務と同様のスキームではなく、斬新な発想による新たな仕組みが加味されていること、あるいは従来の方法では十分カバーできないであろう分野での提案を期待しています。)

  3. スケジュール等
    5月21日  企画公募開始
    6月 5日  仕様説明会(申込み締切り6月4日午後6時)
            ※本企画公募に参加される方は、仕様説明会への参加が必要です。
    6月20日  企画提案書の提出締切(当日消印有効)
    6月末    委託先の決定
    7月初    モデル事業の開始

  4. 問い合わせ先
         独立行政法人 中小企業基盤整備機構
            新事業支援部 新現役人材マッチング事業推進室  杉村、位下、桐本
           電話:03−5470−1618
           FAX:03−5470−2368

(詳細は以下のHPアドレスにあります「平成20年度 新現役チャレンジ支援事業のうち「モデル事業等」の公募について」をご覧下さい。)
http://www.smrj.go.jp/venture/shingeneki/035305.html

(お問い合わせ先)
 中小企業庁経営支援部経営支援課
 担当者:松田、小塩
 電 話:03−3501−1763(直通)