メニューをジャンプして、このページの本文へ
INSME -International Network for SMEs
トップページ ご意見箱 中小企業庁トップページ
Making Innovation Happen
トップページ > INSMEの活動
2.INSMEの試験的プロジェクト
RIDITT
RIDITT−中小企業の技術革新及び技術移転のためのイタリアのネットワーク

ロゴ RIDITT RIDITT(中小企業の技術革新及び技術移転のためのイタリアのネットワーク)は2003年1月に立ち上げられ、イタリアの低開発な分野に特に配慮し、技術革新及び技術移転に加え、新たなハイテク企業を創出するためのサービスの供給を強化することで中小企業の競争力を向上させることその狙いとしている。RIDITTは、イタリアにとっての中小企業の国際ネットワーク(中小企業国際ネットワーク)の焦点となっている。

 このイニシアチブはイタリア生産活動省によって推進され、MAP(生産活動省)、MIUR(大学・科学技術研究省)、そして技術革新及び技術移転の分野で活動しているビジネス支援組織及び協会の代表者で構成される専門家委員会の協力を得て工業化促進センター(IPI)が運営にあたっている。

 RIDITTの狙いは、以下の目的のためにイタリアにおける技術革新センターとの情報ハブ兼基準点となることにある。

・国家レベルで情報、経験、方法論、そしてグッドプラクティスの交換を促進すること。

・(情報通信技術(ICT)も活用することで)中小企業の技術革新のためのサービスの統合、専門化、そして販売を助長すること。

・部門別、地域別にパートナーシップやプロジェクトの創出を促すこと。

・(中小企業国際ネットワークの国際ネットワークも利用して)技術革新センターの国際化を支援すること。

 

  RIDITTでは、公共及び民間の事業者を対象に無料サービスを提供している。このサービスは主にインターネット(www.riditt.it)を通じて提供しており、これには以下のサービスが含まれる。

情報サービス
技術革新センターが提供するサービス及びテクノロジーの目録。さらに、グッドプラクティス、公的な資金、及び国家及び地域レベルのプログラム及びイニシアチブの紹介。

技術支援と研修
パートナー探し、パイロット・プロジェクトの企画及び開発、公的及び民間の資金の獲得支援、技術革新センターの政策、プログラム、及び業績の測定。

 RIDITTサービスの主な受給者は、中小企業の技術革新及び技術移転のための技術革新センターである。これらのセンターには、サイエンス・テクノロジー・パーク、インキュベーター、大学、研究機関の産業連絡事務所、地方開発機関などが含まれる。また中小企業にとっても全国規模でノウハウや技術を検索するためのハブに接続できるため、RIDITTネットワークの恩恵を被ることができる。中小企業を対象とする研究技術革新プログラムの立案及び運営に従事している公的機関もこのネットワークサービスにアクセスすることができる。

関連するリンク:
 RIDITTの案内書 [3 mb]

 RIDITTのプレゼンテーション資料 [633kb]

 

↑

このページのトップへ