トップページ 金融サポート

「中小企業信用保険法施行令等の一部を改正する政令」について

平成23年3月25日
中小企業庁


株式会社日本政策金融公庫(以下「公庫」という。)が行う中小企業信用保険の持続可能性を維持するため、中小企業者が信用保証協会(以下「協会」という。)に支払う保証料率の引上げを伴わない範囲内で、協会が公庫に支払う保険料率を引き上げ、公庫の保険収支の改善を図ります。具体的には、本政令において、中小企業信用保険法施行令及び他の法律施行令に定める保険料率について、平成23年4月1日より原則0.1%の引上げを行います。


1.中小企業信用保険及び保険料について

中小企業信用保険は、協会が行う中小企業者の債務の保証につき、公庫が保険を付すものです。協会が公庫に支払う保険料については、中小企業信用保険法第4条等に上限を規定した上で、中小企業信用保険法施行令及びその他の法律の施行令において具体的な保険料率を規定しています。

2.改正の概要

中小企業信用保険法施行令及び他の法律施行令に規定する保険料率について、創業等関連保証及び創業関連保証に係る無担保保険等を除き原則として0.1%引き上げます。

3.今後の予定

公布:平成23年3月30日(水)
施行:平成23年4月01日(金)


○参考資料


(本発表資料のお問い合わせ先)

中小企業庁 事業環境部 金融課長 濱野
担当者:呉村、丸田
電 話:03-3501-1511(内線 5271〜5275)
    03-3501-2876(直通)