トップページ経営サポート創業・ベンチャー支援夢を実現する創業

目次 前のページ 次のページ




小切手とは、どのようなものですか?

小切手は現金の代わりとして、商取引の中で広く使われています。
小切手とは、現金による支払いの煩わしさと危険を避けるために、振出人が自分の取引銀行に支払いを委託する証券です。

   特徴

 
現金の代わりとして使われることを目的としています。
銀行に当座預金口座を開かないと発行できません。
小切手を受け取った人は、支払人である銀行に呈示するほか、取引銀行に取立依頼すれば小切手金額を受け取れます。
小切手の呈示期間は振出日の翌日から10日以内で、最終日が休日の場合は翌営業日まで延長されます。

   小切手の注意点

- 26 -



目次 前のページ 次のページ