トップページ経営サポート創業・ベンチャー支援夢を実現する創業

目次 前のページ 次のページ




パソコンで会計ができませんか?

最近は、パソコンの会計ソフトを使って記帳業務を行う方も増えてきました。パソコンを利用することで記帳業務にかかる時間を大きく削減することができます。

   パソコン会計とは

お手持ちのパソコンに、市販の会計ソフトをインストールするだけで、パソコン会計を始めることができます。
 
手書きの場合は、
取引を仕訳する。
仕訳から各勘定科目の元帳に転記する。
元帳を集計して勘定科目ごとの金額を算出する。
というように、集計や転記を繰り返して「損益計算書」と「貸借対照表」を作成します。パソコン会計の場合は、仕訳を会計ソフトに入力するだけで、パソコンが、各元帳への集計や転記から、「損益計算書」と「貸借対照表」の作成までを瞬時に行います。
 
 
仕訳を入力するだけで、あとはパソコンが自動計算する。
パソコン会計だからといって、特別に難しいことはありません。取引が発生したら、振替伝票を書く代わりに、会計ソフトの「振替伝票」の画面から入力するだけです。

- 25 -



目次 前のページ 次のページ