トップページ経営サポート新連携支援今チャレンジ新連携

今チャレンジ新連携

事例紹介1

 
 事業の概要
 高度なめっき技術を有しているA社(コア企業)は、マグネシウムのボディーにめっきで彩色する技術を開発すれば、光沢性に優れ、傷に強い、様々なデザインの携帯電話が実現できると考えた。
  このため、A社は、従来から取引関係のあるB社、C社や、めっき処理の評価を行うD研究機関及びマーケティングを担当するE社と連携し、マグネシウム合金にめっきで彩色した携帯電話のボディーを開発・製造し、家電メーカーに販売するプロジェクトを進めることとした。
 
 連携体の構築メンバーとその役割