MRI(磁気共鳴画像)装置用磁気遮蔽金属製品の開発
経営革新支援の手引き

1.企業の概要
 1)会 社 名:(有)ダイナファクトリー

 2)資 本 金:5,000千円

 3)従業員数:23名

 4)業  種:金属製品製造業

 5)売 上 高:約300,000千円

 6)所 在 地:徳島県三好郡三野町

 7)経営革新のパターン:新商品の開発又は生産


2.既存事業の概要
ステンレス、アルミ、スチール製の金属建材の設計、製造、施工、販売を行っている。建築物の内外装における金属パネルや手すり、公園のモニュメントなど幅広い建築用金属製品を手がけている。

3.経営革新の具体的内容
病院で使用されるMRI(磁気共鳴画像)検査装置を稼働させる際に発生する電磁波の遮断対策として、磁気遮蔽シールドパネル工法の開発に取り組む。
従来は、建物自体を非磁性体の材質で構築したり、MRI装置を設置する部屋の内壁に電磁波遮蔽用の特殊パネルをはめ込むなどの対応がとられてきたが、建築コストや施工上の手間が大きいという問題があった。当社が開発した製品は、電磁波遮蔽用のスチールパネルをユニット化し、それ自体が一つの部屋となる形で販売するものであり、施工現場においてはパネルを組み立てるだけで良いため、施工上の手間やコストを大幅に低減することが出来る。また、ユニット全体が磁気遮蔽用の特殊パネルで構成されているため、高い電磁波遮蔽性が保証される。当製品の積極的な販売を進めると共に、更に高付加価値の新商品開発・技術開発についても進めていく計画である。

都道府県別・目次
業種別・目次
経営革新のパターン別・目次