ニーズに合致した高付加価値新商品の開発と生産
経営革新支援の手引き

1.企業の概要
 1)会 社 名:株式会社林セメント工業

 2)資 本 金:50,000千円

 3)従業員数:40名

 4)業  種:窯業、土石製品製造業

 5)売 上 高:651,314千円

 6)所 在 地:鳥取県境港市

 7)経営革新のパターン: 新商品の開発又は生産
                  商品の新たな生産又は販売方式の導入

2.既存事業の概要
当社は、昭和32年建築材料製造会社として創業した。ブロック・木毛板・セメント混和用軽量発泡骨材・二重床・特殊化粧タイル等々、時代の流れに合わせた新商品を開発し、関東・関西地区を中心に販売を行ってきた。しかし、近年、建築業界の不況が著しく、低価格競争が激化する中で、鳥取県内に拠点を持つ当社の商品は、運送費などのコスト面で不利な状況となっている。

3.経営革新の具体的内容
新たな市場の開拓と、自社の経営革新を図るため、デザインワーク開発経緯を基礎として、施主や専門施工業者のニーズに合った新規性の高い高付加価値商品群の開発・販売に取り組む。
例えば、東京ディズニーシーのモルタル工事に使用する新材料として、開発を進めてきた造形用モルタルは、その後、特殊な市場に限られているものの、全国的に使用され始めた。今後は、外部の専門家や専門施工業者の協力のもと、さらに広い需要が期待できる造形性、機能性に優れた商品の開発を行っていくとともに、DM、雑誌広告、展示会、IT等を利用した販売体制を確立していくものとする。

都道府県別・目次
業種別・目次
経営革新のパターン別・目次