異業種交流による幅広いニーズに対応
経営革新支援の手引き

1.企業の概要
 1)会 社 名:三重電子株式会社

 2)資 本 金:

 3)従業員数:104人

 4)業  種:精密機械器具製造業

 5)売 上 高:1,143,194千円

 6)所 在 地:三重県伊勢市

 7)経営革新のパターン: 新商品の開発又は生産
                  新役務の開発又は提供
                  商品の新たな生産又は販売方式の導入


2.既存事業の概要
同社は昭和44年に電子機器組立加工業として設立された。現在は液晶ディスプレイユニットなどの生産財やメカトロニクスを駆使した精密加工機器の設計・製造等の事業を行っている。

3.経営革新の具体的内容
同社は、既存事業である液晶ディスプレイユニット等の精密加工機器技術を活かして液晶や半導体加工に用いられる「マイクロ接合技術」に本格的に取り組んでいる。異業種の数社とのタイアップにより素材領域である接合材の開発に着手し、新たな「異方性導電材」の開発に成功した。この素材は、電極間のピッチを従来の半分にできる画期的なものであり、電子部品の小型化・軽量化等市場ニーズに対応したものである。また、この接合材の開発から端を発し、新しい用途の開発、新しい加工技術、さらには新しい素材の開発など展開領域を広げることができる。今後は、これらの素材の製品化にとどまらず半導体パッケージング事業やデバイス開発事業、専用精密加工機器事業などマイクロ接合において幅広いニーズにワンストップで応えられるビジネス形態を目指している。

都道府県別・目次
業種別・目次
経営革新のパターン別・目次