光造形システムなどの導入による高付加価値製品の提供
経営革新支援の手引き

1.企業の概要
 1)会 社 名:イガリモールド株式会社

 2)資 本 金:32百万円

 3)従業員数:150名

 4)業  種:その他の機械・同部品製造業

 5)売 上 高:2,289百万円

 6)所 在 地:茨城県西茨城郡友部町

 7)経営革新のパターン:新役務の開発又は提供


2.既存事業の概要
昭和44年の創業以来,金型設計・製作を専業としている企業である。昭和53年に茨城県への移転を機に,コンピュータ関連製品,音楽・映像関連製品,カメラ部品などの精密プラスティック金型の設計,製作を手掛けている。金型は,物造りの原点と位置づけ,品質・精度において世界のNO1の金型製作を目指し,「MADE in JAPAN」製品の品質向上に貢献することが会社の方針となっている。平成14年2月,本社工場敷地内にテクノセンター(総面積1.035m2)を建設,高精度マシニングセンターの稼働により,高品質,高精度金型の製作に着手した。併せて三次元光造形機,成形品測定機器等の導入を図り,顧客サービスの向上にも注力している。

3.経営革新の具体的内容
近年の工作機器の精度の向上に伴い,国内外の競合他社との技術力の格差が縮まり,他社との差別化をより明確化し,高付加価値サービス・製品を提供することが必要となっている。そのため,従来,メーカー側で設計,当社にて試作する作業を重ねていたが,今回新たに「光造形システム」を導入することにより,メーカーとの打ち合わせの場で即時に試作品を作成し,納期の短縮化,作業工程のスリム化を図るものである。さらに,当システムの導入に合わせ,振動対策,空調対策を施した新工場を増設し,さらなる精度,品質の向上を目指すものである。



都道府県別・目次
業種別・目次
経営革新のパターン別・目次