「MH(メタル・ハーディング処理技術の開発と市場の開拓」
経営革新支援の手引き

1.企業の概要
 1)会 社 名:(株)マシンパーツ

 2)資 本 金:23,000千円

 3)従業員数:6名

 4)業種:一般機械器具製造業

 5)売 上 高:約58,000千円

 6)所 在 地:徳島県板野郡松茂町

 7)経営革新のパターン: 新商品の開発又は生産
                  新役務の開発又は提供


2.既存事業の概要
各種機械部品の受託加工、冷間鍛造用金型の製造販売を主に営んでいる。

3.経営革新の具体的内容
当社が開発した金属表面処理技術「MH(メタル・ハーディング)処理」を活用し、業績拡大を図る。MH処理とは、市販の放電加工機に当社製制御ユニット及び特殊電極を取り付け、金属の表面処理を行うことにより、被処理材表面上に硬化皮膜を形成し、同時に被処理材内部に硬化改質層を形成する技術である。これにより、被処理材の硬度、耐摩耗性を飛躍的に向上させることが出来る。このほか、従来の表面処理技術と比較して、形状変化が起こらない、既存設備(放電加工機)の活用が可能なため初期コストが低減可能などの利点がある。技術提供の方法としては、
(1)MH処理を活用した金属部品の開発を顧客と共同で行い、開発品の販売について
   ロイヤリティ契約を結ぶ。
(2)金属部品に対するMH処理の賃加工の受託。等を計画している。
また、事業展開に当たっては、開発、製造、営業の各分野で協力企業を募り、企業グループを構築することによって拡大する需要に対応すると共に、リスク分散を図る。

 

都道府県別・目次
業種別・目次
経営革新のパターン別・目次