間伐材を利用した環境にやさしい商品の開発・販売
経営革新支援の手引き

1.企業の概要
 1)会 社 名:北浦商店

 2)資 本 金:‐

 3)従業員数:20人

 4)業種:木材・木製品製造業

 5)売 上 高:436,877千円

 6)所 在 地:和歌山県和歌山市

 7)経営革新のパターン:新商品の開発又は生産


2.既存事業の概要
当社は、昭和38年に創業し木製建具、アルミサッシ、ガラス等を取扱い、建具の製造から取付、施行までの全般を行っている。平成9年に工場を移転、拡張し品質管理の徹底を図り生産性の向上に努めている。本業界においては、受注量の減少、受注単価の低下や消費需要の低迷等の要因で厳 しい状況が続く中、当社では別注もの(神社仏閣)を取り扱うことにより、経営は比較的安定している。しかし、今後経営基盤の強化を図っていくためには、ニーズに対応した付加価値商品の開発が必要となっている。

3.経営革新の具体的内容
近年、シックハウス症候群など環境ホルモン物質への対応等で副資材の見直しが必要不可欠となっている。環境にやさしい健康に配慮した製品づくりに取り組むことにより、従来の建具との差別化を図り、収益性の向上を目指していくものである。具体的には建具の材料として利用が困難とされてきた間伐材を、当社で開発した切削用刃物で加工し、さらに柿渋、ベンガラ、墨を混合した天然の塗料で仕上げるもので、これにより防腐、防かび効果を高めることができ、健康にやさしい建具として高付加価値化を図り、販売していく計画である。
京都、兵庫等の健康住宅に木製サッシ・建具を取り付けたところ好評を博しており、今後、住宅関連業界、建築資材業界にサンプルの提供を行い、新規顧客の開拓を図り、売上増加を目指していく。

都道府県別・目次
業種別・目次
経営革新のパターン別・目次