トップページ経営サポート技術革新・IT化支援

平成18年度予算に係る中小企業への計量標準供給基盤強化事業(中小企業知的基盤整備事業費補助金)の公募について(予告)

平成18年9月13日
経済産業省
中小企業庁

  1. 経済産業省中小企業庁では、中小企業による優れたモノ作りの高度化を支援するため「中小企業への計量標準供給基盤強化事業」(中小企業知的基盤整備事業費補助金)を実施します。

  2. 本事業は、モノ作り中小企業者の製品や技術に対する精度や信頼性を科学的・客観的に証明するための計測のトレーサビリティ体系の確立に向け、地域の試験検査機関等が、中小企業に最適な計量標準供給基盤の整備を図るために、計量法計量標準供給制度(JCSS)等に基づく登録事業者としての資格を取得し、中小企業を対象とした校正事業等を立ち上げる際に必要となる資金の一部を助成するものです。

  3. 公募期間
    【第1回公募】
     平成18年6月12日(月曜)〜 平成18年6月30日(金曜)

    【第2回公募】
     平成18年10月2日(月曜)〜 平成18年10月31日(火曜)

※ なお、詳細につきましては経済産業省中小企業庁から公表される資料又はホームページをご覧下さい。

【事業概要】

  1. 事業概要
    (1)モノ作り中小企業の製品や技術に対する精度や信頼性を科学的・客観的に証明するための計測のトレーサビリティ体系の確立に向けて、地域の試験検査機関等における計量標準供給基盤の強化を行い、中小企業の自律的な発展・競争基盤を整備するための事業です。
    (2)具体的には、計量法計量標準供給制度(JCSS)等に基づく登録事業者を目指す地域の試験検査機関等に対し、その資格取得に必要な標準器等の購入費や技能の修得のための研修費、施設等の環境整備費等の半額を補助し、地域の試験検査機関等による中小企業を対象とした校正事業等の立ち上げを支援します。

        <中小企業への計量標準供給基盤強化事業のイメージ>


  2. 事業内容
    (1)補助事業対象者
     計量法に基づく登録事業者としての資格の取得と、中小企業を対象とした校正事業等の立ち上げを予定している地域の試験検査機関等(中小企業支援を目的に設立された財団又は社団法人や地方独立行政法人、民間試験検査機関等)。
    (2)補助対象経費
     校正事業の立ち上げに必要となる標準器の購入費や校正技能の修得のための研修費、施設等の環境整備費等。
    (3)補助金額
     1件当たりの補助金額は、5,500万円以内(補助率は2分の1以内)
     ※18年度予算額:5.5億円

【公募期間】
  第1回公募:平成18年6月12日(月曜)〜平成18年6月30日(金曜)
  第2回公募:平成18年10月2日(月曜)〜平成18年10月31日(火曜)

(お問い合わせ先)
  経済産業省中小企業庁経営支援部技術課
  担当者:横瀬補佐、青木
  電話:03−3501−1816(直通)

  経済産業省産業技術環境局知的基盤課
  担当者:江口補佐、石毛、畠山
  電話:03−3501−9279(直通)