トップページ 経営サポート 経営安定支援

平成23年7月24日から8月1日までの間の豪雨による災害に係る被災中小企業者対策について(災害復旧貸付に係る特別措置)

平成23年9月9日
中小企業庁


平成23年7月24日から8月1日までの間の豪雨による激甚災害により被害を受けた福島県只見町及び金山町の中小企業者に対し、災害復旧貸付に係る金利引き下げ措置が閣議決定されました。


平成23年7月24日から8月1日までの間の豪雨については、本年8月1日に特別相談窓口の設置、災害復旧貸付の適用等の被災中小企業者対策を講じ、 また、9月6日、福島県只見町及び金山町を対象とした激甚災害法に基づく中小企業支援措置の閣議決定がなされたところですが、本日、追加の対策として、以下の措置を講ずることとしました。

政府系中小企業金融機関の災害復旧貸付の金利引下げ

福島県只見町及び金山町の被災中小企業者等に対して、日本政策金融公庫 及び商工組合中央金庫が別枠で行う災害復旧貸付について、特段の措置とし て、0.9%の金利引下げを行います。

(注)資金使途:運転資金又は設備資金

  • 貸付限度額:日本公庫(中小事業1.5億円、国民事業3千万円)
    商工中金 1.5億円
  • 貸付金利:基準金利(中小事業1.65%、国民事業2.15%)
    (貸付期間5年以内の基準利率(平成23年9月9日現在))
  • 金利引下げ:貸付額のうち1千万円を上限として、貸付金利から0.9%を引下げ(貸付後3年間)
    ※災害発生当初の貸付にも適用されます。

参考資料


(本発表資料のお問い合わせ先)

中小企業庁 経営安定対策室長 横尾 浩一郎
担当者:若井、永野(えいの)
電 話:03-3501-1511(内線 5251)
    03-3501-2698(直通)