トップページ経営サポート経営安定支援

セーフティネット保証2号(米国BSE)の発動について

平成16年2月17日
経済産業省
中小企業庁

1.経緯

 米国における牛海綿状脳症(BSE)の患畜の確認に基づく米国からの牛肉等の輸入の停止措置を受け、経済産業省としては、農林水産省からの要請を踏まえ、その影響を受ける中小企業者(輸入業者、卸・小売業者、外食事業者等)の資金繰りを支援するため、

(1)政府系中小企業金融3機関等における相談窓口の設置
(2)政府系中小企業金融3機関のセーフティネット貸付(運転資金を別枠等(中公:1億5千万円、国金:4千万円)で貸し付け)を発動

 等に取り組んできたところ。

2.セーフティネット保証(2号)の発動について

 今般、農林水産省による関連中小企業者への影響調査の結果を踏まえ、信用保証協会のセーフティネット保証(2号)を発動することとした。(2月24日に官報告示をする予定。指定期間は平成15年12月24日から平成16年6月23日まで。)
 これにより、関連中小企業者は、別枠(普通保証2億円、無担保保証8千万円等)の保証を利用することができるようになる。

 

<問い合わせ先>
経済産業省中小企業庁事業環境部金融課 信用保証担当
電話 : 03−3501−1511(代表)(内線5271)
FAX : 03−3501−6861