トップページ財務サポート会計「中小企業の会計30問30答」

目次 前のページ 次のページ


I 「中小企業の会計」の意義・必要性

Q1「中小企業の会計」の目的は、何ですか?

税効果会計は、一時差異がある場合、利益を課税標準とする法人税等の額を適切に期間配分することにより、税引前当期純利益と法人税等を合理的に対応さ せることを目的とする手続です。


税効果会計を適用した場合の損益計算書(抜粋)の例示

     
損益計算書(抜粋)    
   
税引前当期純利益 ××× (企業会計の考え方をもとに計算)
     
法人税、住民税及び事業税 ××× (税法の考え方をもとに計算)
     
法人税等調整額 ×× (企業会計の考え方に合わせて税金を修正)
   
当期純利益 ××× (企業会計の考え方をもとに計算した当期純利益)
     
 
-28-


目次 前のページ 次のページ