トップページ 相談・情報提供

中小企業支援施策の
「ワンストップ・サービス・デイ」の開催

平成22年2月10日
中小企業庁


年末に開催した「ワンストップ・サービス・デイ」の結果を踏まえ、中小企業からの資金繰りニーズが高まる2月から年度末にかけて、再度、「ワンストップ・サービス・デイ」を開催します。


主催

経済産業省、中小企業庁、特許庁、金融庁、都道府県、
中小企業基盤整備機構 等

共催

厚生労働省

開催箇所・日時

原則2月第4週(22〜26日)及び、3月第4週(23〜26日)のいずれか1日ずつ 合計2日間
全国47都道府県の68都市で合計95回開催予定

参加機関

日本政策金融公庫、沖縄振興開発金融公庫、商工組合中央金庫、信用保証協会、中小企業診断協会、下請かけこみ寺、発明協会各支部、各都道府県労働局、ハローワーク、商工会議所、商工会、都道府県中小企業団体中央会 等


(参考:年末の開催結果)

  • 12月14日から29日にかけて、47都道府県の62都市で合計96回開催
  • 合計相談件数1.802件、相談者数1.221名
  • 主な相談内容:金融896件(49.7%)、経営全般250件(13.9%)、知的財産185件(10.3%)、雇用調整助成金116件(6.4%)等

(本発表資料のお問い合わせ先)

中小企業庁 長官官房 参事官室
担当者: 井上、山北
電話:03-3501-1768(直通)