トップページ 相談・情報提供 中小企業診断士関連情報 申請・届出の手引き

申請・届出の手引き


登録事項変更届出

1.自宅住所、勤務先等に変更があった場合の必要書類

 登録事項に変更があった時は、遅滞なく、中小企業診断士登録事項変更届出書(様式第6)に変更事項(旧、新)を記入し、中小企業庁に送付してください。
  なお、変更のない事項の記入は不要です。

2.氏名の変更があった場合の必要書類等

(1)中小企業診断士登録事項変更届出書(様式第6)
氏名欄に新・旧の氏名を記入してください。
なお、本人の申請により氏名に加え、居住する区や市町村に登録されている通称の併記は可能です。
(2)氏名の変更(新・旧)が分かる戸籍抄本等公的証明書
(3)中小企業診断士登録証(原本)
中小企業診断士登録証を紛失した者は、中小企業診断士登録証再交付申請書(様式第7、原本)を添付してください。

3.氏名変更後の中小企業診断士登録証の交付

 氏名に係る中小企業診断士登録事項変更届出書を提出した者には、申請のあった日の翌月末から翌々月に登録番号及び新・旧の氏名、登録簿の変更年月日を官報で公示し、同時期に自宅住所宛に中小企業診断士登録証を簡易書留郵便で郵送します。

  なお、登録の有効期間が1か月以下の者については、氏名の変更届出と登録更新申請を同時に行っていただく必要がありますので、登録更新時後に変更後の氏名で中小企業診断士登録証を交付します。

4.業務休止中の方の変更届出

 業務休止中の方も、同様に変更届出が必要です。

中小企業診断士登録証の再交付申請

 中小企業診断士登録証を汚し、損じまたは、紛失した者は、中小企業診断士登録証再交付申請書(様式第7、原本)に、紛失以外の場合当該登録証(原本)を添付し、申請することで再交付を受けることができます。

 なお、住所等登録事項に変更のある者は、中小企業診断士登録事項変更届出書(様式第6、原本)を併せて提出してください。
  また、再交付を受けた後に紛失した中小企業診断士登録証を発見した場合は当該登録証を速やかに返却してください。

消除申請

 診断士が死亡された場合等や、自主的に登録の消除申請をする者は、中小企業診断士登録消除申請書(様式第8、原本)に中小企業診断士登録証(原本)を添付し、死亡された場合等は死亡診断書等も添付し申請してください。

 なお、登録証を紛失した者は、中小企業診断士登録証再交付申請書(様式第7、原本)を添付してください。

  また、業務休止期間中に消除申請される者は、中小企業の経営診断の業務再開の申請可能証書(原本)を添付し、申請してください。

  消除申請のあった翌月末から翌々月に氏名及び登録番号、登録簿から消除した年月日を官報で公示しますのでご了承ください。