トップページ 出版物 中小企業施策利用ガイドブック

平成22年度 中小企業施策利用ガイドブック
『新商品・新サービスの販路開拓に向けたマーケティングを支援して欲しい」

販路開拓コーディネート事業

優れた新商品・新サービスを持つ企業の、マーケティング企画からテストマーケティング活動までを支援し、新たな市場開拓に繋げます。
※テストマーケティング活動の支援・・・想定市場の企業に販路開拓コーディネーターが同行訪問し、市場の受容性を把握、市場投入までの道筋を組み立てるための支援を行います。

対象となる方

  • 中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画の承認(26頁参照)を受けた中小企業者等。
  • 首都圏・近畿圏を市場とする優れた新商品・新サービスの販路開拓を目指す中小企業者等。

支援内容

中小企業基盤整備機構の関東支部と近畿支部に、商社・メーカー等出身の販路開拓の専門家(販路開拓コーディネーター)を配置。新商品・新サービスを持つ企業のマーケティング企画から、首都圏・近畿圏を舞台に想定市場の企業へのテストマーケティング活動までを支援します。

手続の流れ

(1)本事業の支援を希望する時は、まず、都道府県等中小企業支援センター等に相談してください。 (新規性や、性能の効果の保証などの一定の要件を満たす必要があり、ご希望に添えないこともあります。)

(2)都道府県等中小企業支援センターは機構支部と協力して、申込企業等のマーケティング企画の練り上げを支援するとともに、中小企業基盤整備機構の関東支部又は近畿支部に推薦します。

(3)中小企業基盤整備機構の関東支部と近畿支部は、推薦企業に適した販路開拓コーディネーターを選定します。販路開拓コーディネーターは想定市場の企業への同行訪問を行います。販売代行事業ではありませんので、申込企業にも同行をお願いします。
なお、その際、販路開拓コーディネーターの謝金の一部(販路開拓コーディネーター1人・1開拓先あたり4,000円/回)については、申込企業の負担となります。

お問い合わせ先

28