トップページ 金融サポート

緊急保証の指定業種を見直します

平成21年2月17日
中小企業庁
事業環境部 金融課


平成20年10月31日から開始した「緊急保証」は、11月14日に73業種、12月10日に80業種を追加し、現在、698業種を対象としているところです。

今般、中小・小規模企業の年度末資金繰り対応等を踏まえ、光学機械用レンズ・プリズム製造業、機械設計業、こん包業など73業種を追加指定することとなりました。

併せて、利用実績の極めて少ない岩石等採取業等(砂・砂利採取業を除く。)の11業種を平成21年2月27日までの適用とすることとなりました。

この結果、対象業種は全体で760業種となります。


1.

追加指定業種は2月27日から保証制度の対象となり、指定解除業種も2月27日までの適用となります。

2.

対象業種に属する中小・小規模事業者は、金融機関から融資を受ける際に一般の保証とは別枠で、無担保保証で最大8,000万円、普通保証で最大2億円まで信用保証協会の100%保証を受けることが出来ます。

参考資料


(本発表資料のお問い合わせ先)

中小企業庁 事業環境部 金融課長 藤木俊光
担当者:山口、銀澤
電 話:03-3501-1511(代表)