トップページ 経営サポート 取引・官公需支援

平成28年度「下請取引適正化推進月間」における下請取引適正化推進活動を効果的にPRするキャンペーン標語を一般公募します

平成28年7月1日

中小企業庁及び公正取引委員会は、従来、下請代金支払遅延等防止法(以下「下請法」という。)の効果的な運用及び同法の普及啓発による違反行為の未然防止並びに下請中小企業振興法に基づく振興基準の遵守の指導等を通じ、その推進を図っています。
その活動の一環として、毎年11月を「下請取引適正化推進月間」とし,下請法の普及・啓発に係る取組を集中的に実施しています。
今年度も、下請取引適正化推進月間における下請取引の適正化に向けた取組を効果的にPRすることを目的として、キャンペーン標語の一般公募を行います。

標語の用途

今回の一般公募により選定した標語(特選作品1点)は、下請取引適正化推進月間のポスター、下請取引適正化推進講習会で使用するテキストの表紙に使用するほか、11月に全国各地で実施する下請取引適正化推進講習会で発表するなど、事業者のコンプライアンス向上に資するよう幅広く活用いたします。

(平成27年度活用例)

中小企業庁

(参考)過去10年間の「下請取引適正化推進月間」キャンペーン標語

平成27年度押しつけず 叩かず 決めよう 適正価格
平成26年度信用は 適正払いの 積み重ね
平成25年度下請代金 きちっと払って 築こう信用
平成24年度下請法 知って守って 企業のモラル
平成23年度交付しよう 発注書面 トラブル回避の第一歩
平成22年度いつも作って 発注書! いつも守って 下請法!
平成21年度法令遵守は企業の常識−守ってますか下請法−
平成20年度下請法 知らなかったじゃ すまされない 守って築く 会社の信用
平成19年度その価格、十分話し合ってますか
−なくそう買いたたき、進めよう下請取引適正化−
平成18年度言葉より 書面で確かな発注を

応募要領

1.応募資格

 個人

2.標語のテーマ

「下請代金の適正な設定」に関する標語を募集します。
 ※標語の中に上記のテーマの言葉が入っていなくても構いません。

<テーマ選定の背景>
  政府は、中小企業の取引条件の改善を図り、地域を含めた経済の好循環の更なる拡大を実現するために、中小企業が賃上げを行いやすい環境を作る観点から様々な取組を行っております。
  下請取引においても、親事業者には、下請事業者と十分な協議を行った上で、適切な利潤を確保した下請代金を設定することが求められていますので、「下請代金の適正な設定」をテーマとします。
 ※親事業者が下請事業者と十分な協議をすることなく、一方的に下請代金を据え置いた場合等には、下請法上の「買いたたき」(後述)として問題となるおそれがあります。

3.応募方法

電子メールに(1)作品(複数可)、(2)郵便番号、(3)住所、(4)氏名(フリガナ)、(5)電話番号を記入の上、下記のアドレスまでお送りください。

  • 送信先メールアドレス hyougo-koubo2016@meti.go.jp
  • 電子メールの標題は、「標語の応募」としてください。

4.応募上の注意

  • 応募作品は、応募者本人が創作した未発表のものに限ります。
  • 1作品当たりの文字数は、30文字数以内とします。
  • 上記2.のテーマに沿わない作品、上記3.の応募方法(2)〜(5)の記載がない作品又は、過去10年間の標語に酷似した作品は、無効といたします。
  • 入選した場合、入選者の住所(都道府県のみ)及び氏名(フルネーム)を作品とともに発表いたします(5.参照)ので、ご了承の上、御応募ください。

5.その他

  • 応募作品に関する権利は主催者に帰属いたします。
  • 個人情報は適切に管理し、応募者本人の同意なく目的外に使用することや、第三者に開示することはありません。

公募期間

 平成28年7月1日(金)から7月29日(金)まで

審査等

 中小企業庁及び公正取引委員会において厳正に審査を行い、特選作品1点、その他入選作品数点を選定いたします。

発表

 特選作品及び入選作品は、9月中に中小企業庁及び公正取引委員会のホームページ上で発表いたします。

主催者

 中小企業庁事業環境部取引課
 公正取引委員会経済取引局取引部企業取引課

参考資料


(本発表のお問い合わせ先)

中小企業庁事業環境部取引課長 安藤
担当者:畠山、多田
電 話:03-3501-1511(内線5293〜7)
    03-3501-1732(直通)
FAX:03-3501-6899