トップページ 経営サポート 取引・官公需支援 下請取引の適正化

下請取引コンプライアンス・プログラム

概要

中小企業庁では、下請代金支払遅延等防止法(下請代金法)の運用及び普及・啓発を行っておりますが、「下請代金法の重要性について十分理解していない」、「業界の悪しき慣習から抜け出せない」、「社内のチェック体制が機能していない」等の親事業者が存在すること、また、立入検査を行った結果、ほとんどの企業で改善指導を受けている等の実態がありました。 このような状況から、下請代金法等の法令遵守にかかる社内体制の整備に関する調査検討会を平成22年12月から開催し、各委員の意見やアンケート及びヒアリング調査結果に基づいて、社内体制を整備し、下請代金法違反を未然に防止するための「下請取引コンプライアンス・プログラム」を策定しました。
自社の業務特性に応じた社内体制の整備に取り組む際にご活用ください。

参考資料