トップページ経営サポートモノ作り中小企業支援モノ作り中小企業300社関東地方中小企業株式会社ジェルテック 

株式会社ジェルテック

<印刷用PDFダウンロード>

代表取締役社長
初谷 幸夫

αGEL(アルファゲル)は防振、衝撃吸収等に最適な新素材

  1. 東京都港区港南2-13-40品川TSビル
  2. 1988年(昭和63年)創業
  3. Tel 03-5461-3201

αGEL(アルファゲル)は、同社が独自開発したシリコーンを主原料とする柔らかいゲル状の新素材。防振、衝撃吸収特性等に優れており、ビルの6階から厚さわずか2cmの同シート上に生卵を落としても割れない実験はTVでも有名。

新素材がもたらす新製品

αGELはスポーツシューズの緩衝材として発展するとともに、精密機械やOA機器等の緩衝・防振材として、防振ゴム等では実現できなかった高性能を発揮。応用範囲が広いことから、ペンのグリップ部分や医療介護・健康分野まで、多岐に渡る分野で高機能製品の開発に貢献。放熱や電磁波吸収性等、様々な機能を付加できることも大きな強みとなっている。

αGEL開発秘話

機器の小型化が進む昨今、それらの衝撃・振動対策に日々頭を悩ませていた開発者は、風邪をひいてダウン。溶けてゲル状になった氷枕を娘が冗談で投げ、それが頭に直撃した瞬間「痛くない!これだ!」と閃く。早速、コンニャク、ゼリー、はんぺん等、あらゆるゲル状のものを買い込み、その上に生卵を落とす実験を開始。卵の「割れる」or「割れない」を緩衝性能の判断基準とし、約1ヶ月の実験の末に、最適な分子構造を発見。これがαGELの始まりである。

人と環境にやさしいαGEL

αGELは人と環境に安全な成分で出来ているため、肌に触れてもアレルギーが起きにくく、燃やしても有毒ガスが発生しない。また、耐久性に優れていること、幅広い温度条件下で安定した性能を発揮することも大きな特徴のひとつ。
 これらを活かして用途開発を進めており、床ずれ防止マットレスや高機能マットレス&枕、地震対策用品など、自社ブランドの商品化も実現している。