トップページ経営サポートモノ作り中小企業支援モノ作り中小企業300社関東地方中小企業株式会社シコー技研

株式会社シコー技研

<印刷用PDFダウンロード>

代表取締役白木学

代表取締役
白木 学

携帯電話のバイブレータに使う世界最小振動モータ

  1. 神奈川県大和市下鶴間3854−1
  2. 1976年(昭和51年)設立
  3. Tel 046-278-3570

振動モータの超小型化と超寿命化を達成し、94年から国内外の携帯電話のバイブレータに採用され続け、大きな市場シェアを獲得。超小型モーターで世界シェア有数の専門メーカー。

無名の中小企業の技術が世界を震わせた

創業以来、モーターの小型化という課題に挑戦し、今や同社の世界最小の超小型モーターは世界中の一流企業に採用され、世界シェアトップ。数々のベストセラー商品を支える重要部品となっている。
  なかでも、携帯電話のバイブレーション機能向け振動モーターは米国大手携帯電話メーカーに採用されて以来多くのメーカーに採用されているほか、最近では、携帯電話用カメラ向けオートフォーカスレンズ駆動用モーターも、携帯電話に搭載されはじめている。

鉄芯を使わない「コアレスコイル」を応用し、薄型モーターを開発

幼い頃から「発明家」になることが夢だった白木社長は、学生時代から小型モーターの開発に専念。卒業後1976年に起業し、独自に研究開発に取り組んだ結果、鉄芯を使わない「コアレスコイル」を応用した薄型モーターの開発に成功。
  その後、パソコンのCPU(中央演算処理装置)を冷却する小型ファンモーターの基になる小型モーターの開発にひたすら取り組むが、当初、国内のメーカーは見向きもしなかったという。しかし、1994年米国の大手半導体メーカーに目を付けられ、大量注文を取り付ける。

約600件の特許を保有する強力な開発人材が強み

無名の中小企業でも、製品技術が卓越したものであれば、米国のリーディングカンパニーは正当な評価をしてくれるのだという過去の教訓が、白木社長を中心とした開発陣を突き動かしている。約600の特許を保有し、徹底した小型化で競合他社を引き離している。“誰もやらない。だからやる。”を信条に思考する集団。2004年8月には東証マザーズに新規公開。

ファンモータ・振動モータ・オートフォーカスモータ・リニアモータ