トップページ 経営サポート ものづくり中小企業支援

平成28年度予算「戦略的基盤技術高度化・連携支援事業(プロジェクト委託型)」の採択を決定しました

平成28年9月5日

平成28年度予算「戦略的基盤技術高度化・連携支援事業(プロジェクト委託型)」について、中小ものづくり高度化法の認定を受けた研究開発等計画(認定申請中を含む)を対象に、平成28年5月2日〜6月30日の期間、公募申請を受付けたところ、61件の申請を受理しました。
採択審査委員会にて厳正な審査を行った結果、本日、 6件のテーマを委託先候補とすることとしました。

概要

中小企業庁が実施する「戦略的基盤技術高度化・連携支援事業〜戦略的基盤技術高度化支援事業〜」のうち、国が指定するテーマ(以下「特定のテーマ」という。)に沿って、中小企業者等が橋渡し研究機関の能力を活用して行う実用化につながる可能性の高い研究開発・試作品開発(本事業の試作品開発は、研究開発が伴うものに限ります。)に対する支援を国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)に委託して実施するものです。
なお、本事業の採択にあたっては、以下の1〜3の要件を全て満たす必要があります。

1.中小ものづくり高度化法に基づく「法認定計画」を基本とした研究開発であること。
2.「特定のテーマ」の何れかに沿った研究開発等で、それぞれの政策課題の解決に資する新規性・革新性の高い実用化開発を対象とするものであり、研究開発計画を実行し完成した技術・製品が、公共性に資する可能性が高いものであること。
3.NEDOの確認を受けた「橋渡し研究機関」が、中小企業者等の共同研究等の相手先として参画すること。

採択結果

詳しくは、以下のページをご覧ください。

NEDOホームページ
http://www.nedo.go.jp/koubo/CA3_100108.html


(本発表のお問い合わせ先)

中小企業庁経営支援部技術・経営革新課長 高倉
担当者:楠田、前田
電 話:03-3501-1511(内線5351〜5)
    03-3501-1816(直通)
FAX:03-3501-7170