トップページ 経営サポート 経営強化法による支援

中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の認定状況について


平成28年7月1日に施行された「中小企業等経営強化法」に基づき、中小企業・小規模事業者・中堅企業等が策定する「経営力向上計画」について、平成29年3月31日現在、18,242件認定しています。

認定件数内訳(事業分野別件数)

平成29年3月31日現在の認定の内訳については、以下をご覧ください。
平成29年3月31日現在の認定企業一覧は、後日掲載します。

申請について

引き続き「経営力向上計画」の申請を受け付けており、順次審査をしています。
申請書類は実質2枚のみであり、郵送による申請が可能です。
申請について、不明な点がありましたら、以下の問い合わせ先までご連絡ください。

経営力向上計画の概要

  • 経営力向上計画の認定及び支援措置
    中小企業・小規模事業者等は、人材育成、コスト管理のマネジメントの向上や設備投資等、事業者の経営力を向上させるための取組内容等を記載した事業計画(「経営力向上計画」)を作成します。
    計画の認定を受けた事業者は、機械及び装置の固定資産税の軽減(資本金1億円以下の会社等を対象とし、3年間半減)や金融支援等(低利融資、債務保証等)の特例措置を受けることができます。
  • 認定経営革新等支援機関による支援
    認定経営革新等支援機関(主に商工会議所、商工会、中央会、金融機関、士業等)による計画策定の支援を受けられます。

(本発表のお問い合わせ先)

中小企業庁事業環境部企画課経営力向上計画相談窓口
電話:03-3501-1957(平日9:00-12:00,13:00-17:00)
FAX:03-3501-7791