トップページ 経営サポート 経営サポート「創業・ベンチャー支援」

経営サポート「創業・ベンチャー支援」

創業をお考えの方やベンチャー企業の円滑な事業活動を、資金調達、情報提供等で支援します。
また、市区町村と民間事業者等が、創業者に身近な支援体制を整備する取り組みを支援し、地域における創業を支援します。

創業・ベンチャー支援 経営革新支援 新連携支援 再生支援 雇用・人材支援 海外展開支援 取引・官公需支援 経営安定支援・BCP 共済制度 小規模企業支援 ものづくり(サービス含む)中小企業支援 技術革新・IT化支援・省エネ対策 知的財産支援 経営支援体制 経営強化法による支援
 新着情報

地域における創業支援体制の整備(産業競争力強化法について)

平成26年1月20日に施行された「産業競争力強化法」では、地域の創業を促進させるため、市区町村が民間の創業支援事業者(地域金融機関、NPO法人、商工会議所・商工会等)と連携して、ワンストップ相談窓口の設置、創業セミナーの開催、コワーキング事業等の創業支援を実施する「創業支援事業計画」について、国が認定することとしています。

市区町村・創業支援事業者向けの制度概要

  • 産業競争力強化法における市区町村による創業支援のガイドライン(PDF形式:11,074KB)PDF(平成29年8月31日更新)
  • チェックリスト(PDF形式:156KB)PDF(平成29年8月31日更新)
  • 創業支援計画のイメージ図(PDF形式:342KB)PDF
  • 第13回認定のスケジュール
    認定申請書の提出先は、市区町村の所在地を管轄する経済産業局となります。認定申請を行う市区町村は、申請書の提出前に必ず経済産業局に相談を行ってください。
    なお、第13回認定は、平成29年12月下旬を予定していますので、認定申請を行う市区町村は、平成29年10月13日(金)迄に提出先となる経済産業局へ事前相談を開始してください。
  • 第13回認定の流れ
    平成29年10月13日(金) 申請書(素案)受付締切
    平成29年11年下旬 申請書(正式)受付締切
    平成29年12月下旬 第13回認定予定
提出資料必要部数※
認定申請書(申請書、別表1、別表2)(WORD形式:47KB)WORD 正本3部
副本1部
・表紙(WORD形式: 33KB)WORD 正本2部
副本1部
参考資料「創業支援事業計画の概要」(POWERPOINT形式:202KB)POWERPOINT 正本2部
副本1部
「一般社団法人・一般財団法人」が創業支援事業者である場合
 ・定款、役員名簿、社員名簿※1
 ・直近3期間※2の事業報告書、貸借対照表、損益計算書
 ・登記事項証明書
 ・創業支援事業の実施に関する意思の決定を証明する書類※3
  ※1:一般財団法人は、社員名簿の提出は不要です。
  ※2:設立後3年を経過していない場合、成立後の各事業年度分を提出して下さい。
  ※3:組織としての意思決定が確認できる書類であれば様式は問いません。
正本2部
副本1部(コピー可)
「特定非営利活動法人」が創業支援事業者である場合
 ・定款、役員名簿、社員名簿
 ・直近3期間※1の事業報告書、貸借対照表、損益計算書
 ・最終の財産目録
 ・申請日を含む事業年度の事業計画書、収支予算書
 ・登記事項証明書
 ・創業支援事業の実施に関する意思の決定を証明する書類※2
 ※1:設立後3年を経過していない場合、成立後の各事業年度分を提出して下さい。
 ※2:組織としての意思決定が確認できる書類であれば様式は問いません。
正本2部
副本1部(コピー可)

※記載の必要部数は、経済産業省・総務省のみに認定申請を行う場合のものです。
その他の関係省庁に認定申請を行う場合には、関係省庁の数に応じて、認定申請書の必要部数(正本1部、添付資料1部)の追加が必要となります。

  • 変更認定申請の手続
    認定を受けた創業支援事業計画の変更を行う場合は、変更認定申請書を所管経済産業局に提出する必要があります。
    変更認定申請の受付スケジュールは、認定申請と同様になりますので、提出先となる所管経済産業局にお早めに事前相談を行ってください。
  • 変更認定申請資料の様式
変更認定申請の提出資料必要部数(※)
・表紙 正本2部、副本1部
変更認定申請書(WORD形式:34KB)WORD 正本3部、副本1部
・変更後の創業支援事業計画
 ◇変更修正を反映させた創業支援事業計画を提出してください。
 なお、変更箇所のみではなく、すべての別表1、2を提出してください。
正本3部、副本1部
・変更前と変更後を対比して記載した創業支援事業計画
 ◇追加・削除した箇所の見え消しを行った創業支援事業計画を提出してください。
 追加箇所:下線を付してください(例:創業支援)
 削除箇所:取消線を付してください。(例:創業支援)
 ◇変更が生じる別表のみの提出で問題ありません。
正本3部、副本1部
・参考資料「創業支援事業計画の概要」
 ◇認定申請時に、提出した計画概要の内容に変更のある場合のみ、提出してください。
正本2部、副本1部

※1:記載の必要部数は、経済産業省・総務省のみに認定申請を行う場合のものです。
その他の関係省庁に認定申請を行う場合には、関係省庁の数に応じて、認定申請書の必要部数(正本1部、添付資料1部)の追加が必要となります。
※2:一般社団法人、一般財団法人、特定非営利活動法人を創業支援事業者として追加する場合は、定款ほか添付資料が必要となります。詳しくは、上記認定申請の提出資料「「一般社団法人・一般財団法人」及び「特定非営利活動法人」が創業支援事業者である場合」をご覧ください。

市区町村別の認定創業支援事業計画の概要

市区町村が創業支援事業者と連携して策定する「創業支援事業計画」は、平成29年8月現在1,201件(1,346市区町村)が認定されています。

創業支援事業計画の支援実績

認定申請書の提出先・お問い合わせ先

認定を受けようとする市区町村は、お早めに最寄りの経済産業局等に事前相談を行ってください。
なお、市区町村の所在する都道府県ごとに担当となる経済産業局等が異なりますので、以下お問い合わせ先の「管轄都道府県」欄をご覧ください。

エンジェル税制について

エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資を促進するためにベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度です。
ベンチャー企業に対して、個人投資家が投資を行った場合、投資時点と、売却時点のいずれの時点でも税制上の優遇措置を受けることができます。
また、民法組合・投資事業有限責任組合経由の投資についても、直接投資と同様に本税制の対象となります。

エンジェル税制の仕組み

エンジェル税制利用の際のメリットや仕組みは以下のページをご覧ください。

エンジェル税制申請から確定申告までの流れ

申請手続きの種類や方法、確定申告など、詳しく解説します。詳細は以下のページをご覧ください。

エンジェル税制税制の対象要件

対象となる投資家や、ベンチャー企業の要件を確認できます。詳細は以下のページをご覧ください。

エンジェル税制要件判定シート

エンジェル税制の要件を満たすか御自身で簡易的に判定できます。詳細は以下のページをご覧ください。

各種申請書類の様式ダウンロード

各種手続きに必要な書類をダウンロードできます。事前確認申請・投資後の本申請、優遇A・優遇B、直接投資・組合経由の投資など、用途別に様式集を細分化しましたので、以下のページより該当の様式集をクリックしダウンロードしてください。

事前確認制度の概要及び確認企業一覧

エンジェル税制の対象であることの確認を事前に受けているベンチャー企業を掲載しています。投資家の方は以下のページより投資先を確認してください。

認定投資事業有限責任組合一覧

投資を行う際、認定投資事業有限責任組合経由の場合は以下のページより確認してください。

エンジェル税制の活用事例

想定されるエンジェル税制の活用事例をご紹介します。

Q&A

エンジェル税制に関する疑問にお答えします。

お問い合わせ

エンジェル税制について、疑問や質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。

その他

広報冊子 広報冊子
冊子表紙
平成29年度中小企業施策利用ガイドブック

施策を目的別にさがすことができます
創業支援の体制づくりを支援します
創業支援の体制づくりを支援します。
(PDF形式:4,162KB)PDF
産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画の認定の概要を紹介します。
夢を実現する創業
平成28年度夢を実現する創業
(PDF形式:9,841KB)PDF
創業までにどんな準備が必要なのか、マンガ形式でわかりやすく解説します
創業者事例集について〜想う・繋げる・実現する〜
創業者事例集について〜想う・繋げる・実現する〜

各支援機関の創業支援を受けた創業者を紹介しています。