トップページ 経営サポート 経営安定支援

口蹄疫により被害を受けている中小企業者に対する支援策について

平成22年7月27日
中小企業庁


経済産業省は、本日、宮崎県全域において家畜伝染病予防法に基づく家畜等の移動制限が解除されたことを受け、東国原宮崎県知事から直嶋経済産業大臣あてに提出された要望に応えて、以下の中小企業者向け支援策を講ずることとしました。


1.プレミアム商品券の発行支援

宮崎県の中でも特に口蹄疫被害の大きい地域で8月のお盆前にも発行が予定される、使用期間・適用地域を限定したプレミアム商品券について、関係の団体の協力を得て、その実現に取り組みます。

2.中小企業者を支援するファンドの創設支援

宮崎県が検討中の中小企業者を支援するファンドの創設について、中小企業基盤整備機構の災害時融資制度を活用してこれを支援することを検討します。

3.中小企業基盤整備機構の宮崎相談窓口の設置

口蹄疫による被害を被った中小企業者に対し経営相談等の支援を行うため、宮崎県内に中小企業基盤整備機構の専門家等が常駐する相談窓口を8月初旬に設置します。


(本発表資料のお問い合わせ先)

中小企業庁 経営安定対策室長 奈須野 光祐
担当者:畠山、今福
電 話:03-3501-1511(内線 5251)
    03-3501-2698(直通)