トップページ 相談・情報提供 事業者間トラブル事例

事業者間トラブル事例

出版物 中小企業施策FAQ 事業者間トラブル事例 中小企業診断士 中小企業支援センターのご案内   

相談事例:相談室に寄せられた事例のうち、注意の必要なもの等をご紹介します

最近のトラブル相談の例

上記はほんの一例ですが、多くが契約を締結した後に、「やっぱり怪しい事業者のようなので解約したい」、「自社の規模を考えたら不要(高額)だったので解約したい」、「当初の話と内容が違っていたので解約したい」などといった相談です。
詳細は、以下をご覧下さい。

事業者間トラブル事例一覧

  1. 事業者間の取引に関しては、クーリングオフは適用されません
  2. リース契約の中途解約について
    ホームページソフトなどのリース契約はじっくりと考えてから
  3. リース物件の保守・修繕について
  4. 消火器の点検・整備トラブルについて
  5. クレジット契約を巡るトラブル
  6. 公共機関の関連団体であるかのような名称を使用した団体入会に伴う金銭トラブル
  7. 内容証明郵便の出し方、支払督促制度、少額訴訟制度について
  8. 内容証明郵便による債権回収の請求について
  9. 代理人による契約の効力について
  10. フランチャイズ契約は十分に理解したうえで
  11. 下請代金の決定方法について
  12. 著作権使用料を巡るトラブル
  13. 知的財産権(特許、意匠、実用新案、商標)の侵害について
  14. 住宅に関する紛争処理について
  15. 賃貸店舗の退去時における原状回復について
  16. 中小製造業、輸入業者の製品の安全対策について

 
社長!ちょっと待って契約は慎重に!(PDF形式:1,346KB)PDF