トップページFAQ・相談事例

FAQ「災害および倒産対策について」

Q1:大規模な災害が発生し、被害をこうむりました。

災害救助法が適用されるような大規模な災害が発生した場合、政府系中小企業金融機関(日本政策金融公庫、商工組合中央金庫)の各支店、信用保証協会、主要商工会議所、商工会連合会、中小企業基盤整備機構支部および経済産業局に特別相談窓口が設置されますので、ご相談ください。
この特別相談窓口では、専門家が無料で金融相談、経営相談に応じ、復旧・復興に向けて中小企業者の方々に対し適切なアドバイスを行ないます。

>>このページのトップへ戻る

Q2:災害への事前対策として何か制度はありますか?

小規模企業共済制度という制度があります。
小規模企業共済に加入していると、災害により被害を受け事業資金を必要とした場合に災害時貸付(掛金総額に掛金納付月数に応じて7〜9割を乗じて得た額と1,000万円のいずれか少ない額)を罹災証明等の書類が整っていれば、原則、即日貸付が受けられます。ただし、貸付条件として掛金を12か月以上納付していること等の一定の要件があります。

>>このページのトップへ戻る

Q3:経営相談、金融相談を無料で受けたいのですが?

全国の主要商工会議所、都道府県の商工会連合会において、経営安定特別相談室を設置していますので、ご相談ください。
この相談窓口では、連鎖倒産の危機や資金繰りの目途が立たないなどの理由により経営難に直面している中小企業者は、専門家の無料相談を受けることができます。もちろん、相談内容は外部に漏れることはありません。

>>このページのトップへ戻る