トップページ 経営サポート 平成30年7月豪雨 北海道よろず支援拠点の特別相談窓口で専門家派遣の電話受付を実施します

北海道よろず支援拠点の特別相談窓口で専門家派遣の電話受付を実施します〜被災された中小企業・小規模事業者に寄り添って相談に応じます〜

平成30年9月28日

北海道よろず支援拠点で特別相談窓口を開設し、被災した事業者の経営の悩みに関する相談体制を強化しています。
また、相談窓口への電話1本で専門家を派遣します。

北海道よろず支援拠点特別相談窓口

北海道よろず支援拠点に特別相談窓口を開設し、ご相談をお受けしています。
詳しくは、以下のページをご覧ください。

相談窓口への電話1本で専門家を派遣

下記の相談窓口にご来訪いただくか、お電話をいただければ、経営や資金繰り、税務、会計、雇用、ITなどの専門家を派遣します。
従来は、窓口訪問後、一定のコンサルティングを受けてから専門家の派遣を行っていましたが、被災された事業者のご負担を考慮して、お電話のみのご相談後に、専門家の派遣を行うことにしました。専門家の派遣は3回(事業承継に係る課題の場合は5回)まで無料です(「ミラサポ」に登録されている全国の約7,000名の専門家の中から派遣)。

相談窓口

  • 北海道よろず支援拠点((公財)北海道中小企業総合支援センター内)
    電話:011-232-2407

専門家による経営支援の概要

収益性の改善が図れず、売上げ回復が困難な企業に対して経営改善のためのアドバイスを行うなど、多種多様な経営課題に対応します。

【主な想定事例】

  • 運転資金確保が困難となった企業に対し、資金繰り計画と需要見通しの整理や事業計画の策定を支援。
  • 顧客離れで経営が困難となった企業に対し、新規顧客獲得等に向けた取組を支援。

参考

専門家派遣制度について、詳しくは以下のページをご覧ください。



(本発表のお問い合わせ先)

中小企業庁経営支援部経営支援課長 小山
担当者:岡崎、草野、大浜
電話:03-3501-1511(内線5331〜5)
   03-3501-1763(直通)
FAX:03-3501-7099